10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

『☆夜空に輝く程度の能力☆』って?略して呼ぶときってどうなるの?って聞かれると、いろいろ考えたけどやっぱり、いい略し方思いつかなかったから、『☆夜空に輝く程度の能力☆』って読んでくださいw・・・・ああちなみに『☆夜空に輝く程度の能力☆』の最初と終わりについてる『☆』もタイトルの一部だからそこは簡略したらダメですよw 

《闇に咲く花・~闇園と条~》



朧月 中央 第8エリア《条之回廊》

???「だーーー!!!やってらんねーぜおイー!!!死んだ奴の後釜の補充だあ?フッザケんなよ!!こちとら暇持て余した『ご主人様』方とはちげーんだっよ!!!なんでも雑務は俺たち『条』に持ってくる!!!・・・あーあーやめてーなーこんなとこー!!辞めてー辞めてー辞めてーーーなーー!!!」

???「うるさいぞ・・・(´-ω-`)『一条』、そんな大声出さなくてもいいことだ・・・、聞こえたら殺されかねんよ?」

???「つー!かぁー?うちらってー?死んでも代わりはいるのよねー、『今』一条であるあんたが死んでもー、
『新しい一条』が補充されるわけだしねー、まあ根本的な性格は数字依存だから結局また同じこと言いそうよねー、・・・というかー?『四条』姉さんとー、『七条』姉さんはー?どこほっつき歩いてんだよー?仕事溜まってんぞー?」

???「・・・お黙りなさい!・・・一条も『三条』も、貴方たちの先ほどの言動、お館様に対し無礼極まりない!!我らはお上に従うためだけに存在するものです!・・・自欲に走るようではまだまd・・・」

一条「そういえば『十条』は『お館様』になんかいっぱい衣装貰ってたよな(´-ω-`)?」

十条「(ドッキ・・・////」

三条「はー?十条姉さんなんでそんなにプレゼントもらってるのー?アリエネーシー」

十条「なwバカ者共め!!ああ・・・あれはだな///・・・、(ごほん!、日頃の行いに対するお館様からの感謝の意であってだな」

一条「ええ?でも風呂場で3着ほどニヤニヤしながら着替えてたじゃないかw」

十条「/////////(//∇//)なななwww!!!!一条貴様!!!覗いたのかーーーーーーーーー!!!」
(十条は強烈な一撃を一条の股間に放った!!

一条「パメラーーーーーーーーーーー(´Д`;)!!!」
(効果は抜群だー!!変な喘ぎ声もゲットだぜ!!

十条「貴様は・・・・~(ハアハア・・・、少々粛清する必要が・・・(ハアハア、あるようだな~!?」

三条「ま~じかよ・・・・うっわ・・・さっき散々私欲がどうとか論議してたやつがそんなコスプレイヤーだったなんて・・・いろいろひでー・・・、つうか一条これ取り替えじゃねw?〇〇〇《ピー》完全に原型がないぜー?」

???「そんなことより・・・(´-ω-`)仕事勧めよーよー・・・」

十条「『二条』の言うとおりです!!(キリっ、仕事をこなせばあなたたちも少しは」

三条「話そらさせねーっつのー!!!こちとらおやつの時間にプリンがお粗末に運ばれてくる程度だっつううのに!!十姉は服とかもらって幸せもんだなー!!妬ましいなー!!ぶっ殺しテーナー!!!」

十条「いちいち騒がしいのですよ!!あなたは!!私欲が強い証拠ですよ?それにですね私もあなたがたの手本となる行動として、頂いた服は心より感謝してそれぞれ一回は袖を通しておいてるだけの話です!」

三条「うるせえーよー!!結果的にてめーが喜んでりゃかわりねーんじゃねーのカー?私のあれ欲しいこれ欲しいとー!、姉さんのニヤニヤ顔のどこがどう?私欲とやらと違うってんだー?!!趣味じゃねー!とかそういうことなのー?どうなんだよー?」

十条「!(ぴコーン!、そそそwwそ〜ですとも!!!私の趣味ではございませんともあのような衣服のデザインなど」

???「よー!!十条いるー?wあったらしい服買ってきたよん♪お前の望みどうり『パーフェクトなフリフリリボン付き&猫耳カチューシャ』まで備え付けた!!名づけて!!!『超従順!!!にゃんにゃんメイドたん LOVE ALL』!!!!・・・っだあ!!!wwほれーwありがたく受け取れ・・・・・って、ドウシタンダー ガンメン マッシロヤナーイカーイ (*゚▽゚*)」

三条「・・・・あー・・・・姉さん・・・この話はなかったことにしとくってー・・・ことでok?」

十条「(パクパク・・・、うん・・・・(・△・)・・・お館様・・・・アリガトウ・・・ゴザマシュ・・・(バッ」
(ダダダだだだ!!!!!!!!!!!!
十条「誰か私を殺してクレー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
(ああああああああああダダダダダダダダだだだーーーーーーー!!

???「・・・?なんかよくわからんがー・・・・やっぱあいつ可愛いなー(*゚▽゚*)w」

二条「それでー?お館様は何しに来たんですー・・・・(´-ω-`)うとうと・・・」

???「いやーwお前らが仕事サボって遊んでるかと思ってw遊びに来たよーヽ(´ー`)ノ」

三条「っくっそーひまじんがよー、見てるだけでイライラするぜー・・・・帰れよカス」

???「えええ!?俺一応ご主人様よー!!?その口答えってどうなの?・・・ははーん・・・(にやりw、どうやら貴様らには教え込む必要があるようだな・・・wこの私がいかに恐ろしい人物かということを・・・」

二条・三条「・・・(!!」

???「安心しろ・・・一後までは取る気はないさ貴様らには一生私の下僕として働いてもらわなければいけないのでなw・・(フッw、なーに・・・苦しむのは一瞬・・・だあ|Д`)!!!」
(バーン!!! ←扉が開く音

???「いやーwwプププwwwそれにしても花形様ーw食べ方がお下品・・・wwwブふ!!!」

花形「おいー?九条お前なー?お父様に呼ばれて行ったら「一緒にご飯食べよーヽ(´ー`)ノ娘よー」っとかキモすぎてついてけねーよw」

九条「だからってwww追い出すとか・・・・ブはあwww!!(ゥクククww、旦那様かわいそすぎー・・・はあw腹い痛ェーーwwww」

花形「それになんだー?ナイフとフォークの使い方だー?もう知ってるっちューのwだいたい使用人どもから教えてもらったし、そもそも他の奴らがやってる動き見てたら覚えられるっつうのってー話ーwwなんならナイフとフォークで人間の解体ショーでもしてやろうかー?w」

九条「ブっ!!!わはあははははははははwwwひーひーwwww痛いw身もココロもwI☆TA☆I!!!w」

花が「っていうかそんなに面白いわけー?wお前笑いの底低すぎだろー?w(ぐしゃ!、むお?なんか踏んだ」

???「パパダヨー。。。(._.)」

三条「花形ー、それ、親父さん踏んでるっツーの・・・・」

九条「あははハハハハハハ!!!!!!!ヒーーーーーwヒヒヒヒヒwwクッはーww苦ヒーーーーwwwクルヒーwww(ジタバタ」

花形「はん!・・・なんだミジンコ?ここに逃げ込んでたのかよ?」

???「・・・うっわ・・・ひっでー・・・実の娘にミジンコなんて言われた親・・・たぶん世界で俺だけ・・・・(ハッ!!、つまりそれって世界初ってことか?だとしたら俺は!!(ボキッ、うぼああ(*゚▽゚*)!!」

花形「おーい『条』共ー新しい仕事だーこの世界初の妄想兵器ミジンコ野郎どっか捨てて来いー」

三条「あーじゃーそれ私いってっくるわー・・・w」

二条「あー・・・・ずるい逃げたなあいつー」

九条「まあそう言わずにwww私がお手伝い・・・ぶふwwしまひゅからwwwふふふww」

花形「じゃあそういうわけで九条は返すぞw・・・あ!そうだ『六条』はどこにいる?頼んでおいたものがあるのだが」

二条「あー・・・ひょっとしてこれかなー?(ガサゴソ、ほいっとー貴方が来たら渡しといてってー・・・言われてたなー(´-ω-`)渡しましたからねー」

花形「おホウオーワー(*゚▽゚*)これがついに例のアレと・・・wktk~!!!早速ドッキングジャーーーーwww!」
(ビューン!!!

九条「本当に飽きませんねーw」





















中央 第9エリア 《闇園花道私室》



花道「・・・スバルはペン使うの苦手・・・?」

スバル「そういうわけではございませんが、割合得意ではありません」

花道「それを苦手とも言う(´・ω・`)・・・まあいいやwひとまず・・・絵でも書いてみる?」

スバル「絵?ですか?」

花道「そそwじゃあ試しにこの花描いてみてw」

スバル「はいです」

《10分後》

スバル「出来上がりました」

花道「おーどれどれ?・・・・・・・」

スバル「いかがでしょう?」

花道「うんうまいよ・・・ただ~まるでコピー機を使ったかのような出来栄えと、『花びらの部分』しか書かれてないのは予想外ね(*゚▽゚*)w」

スバル「全体を描かないとダメなんですね・・・分かりました」

花道「あんたってほんとどっか抜けてるよねw」

スバル「よく言われます((´-ω-`)ニコ☆」

花道「褒め言葉じゃないと思うよ」

???「もしもーし?・・・花道~・・・いる~?・・・・ミジンコでどうしようもない変態なパパだよー・・・(ぐすん」

花道「素でびっくりしたwせめてノックしてから発言してお父様w」

???「私をまだ父と呼んでくれるのか・・・・ううう(うるうる」

花道「その件はいいからさっさとはいればー?w」

???「うんそうするーw(^-^)/おじゃましまー・・・って!!!おい?テメーポンコツスバル!!娘と何してる?」

スバル「絵を描いてます」

???「なん・・・だと・・・絵を書いてるだと一体何の・・・?」

花道「いい人体模型がやってきたことだしこれでいろんなポーズ取らせて書き慣れてみましょw」

スバル「かしこまりましたマスター」

???「うわ!何をする気だこのポンコツ!!いだだだだ!!!ちょっとー花道?これどういうポーズなわけ!?」

花道「んー?そうだなー?・・・w変質者を取り押さえる警備員!っとかどう?w」

???「なーるほとー納得☆・・・じゃなーい!!!痛いw!離せこのポンコツ!!テメーの構造データはバンクにいくらでもコピーを作っていろんなとこに保存してある!!!つまり量産化も可能ってわけだwはっはっはー貴様とそっくりな人形などいくらでも作り出せるという・・・・痛い!!そろそろ冗談抜きでギブで!!!お願い離してー(*゚▽゚*)!!!」
(バッ

花道「また姉さんにこっぴどくいじめられたの?w」

???「はー・・・そうなんだよー聞いてくれよーあのなーあいつ俺のことをミジンk」

???「うおっしゃーーーーーww!!!」(バーン!!!

花道「あらw今度は『七条』かw何の用?うるさいんだけどw」

七条「おおw!!!そいつあ失礼しやっしたーーーー!!!!!!!でも自分不器用なんで!!!頭下げることしかできねーっす!!!押忍!!!」

花道「何用かって聞いてんのw?あとホント耳が痛いw」

七条「自分ー!!!今晩の巡回担当を自称しておりましてー!!!!!各階層一人で歩き回っておりますーーーー!!!故にーーー!!この階層を徘徊するにあたってーーー!!!!一言、お耳に入れておこうかと思い!!!!参上した次第にございます!!!!!!」

花道「・・・あー~わかった好きにして・・・ほら行った行ったw」

七条「快いご返答に感謝ーーーーーーーーしながらーーー!!!!!自分!!!おいとまーーーーーさせていただきます!!!!!!では御免!!!!」(バーン!!! ←扉が吹っ飛んだ音

七条「おらオラオラオラオラ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ん?退け量産メイド!!オラオラおラオラオ・・・・・・・」


花道「ほんっとwあいつなんとかならないかしらw?ねえ父様w・・・・あれ?」

???「・・・今日はよく・・・・踏まれるな・・・w(フッ(´-ω-`)」

花道「目覚めたの?w」

???「そっとしておいてくれ・・・・wっと二人の邪魔をしてもいけないし私は自室に戻るよw」

花道「そそwおやすみね~お父様w」

???「あ~wwwいいなその『おやすみお父様』!!くあ~wやっぱり娘はかわ」

花道「(っピッ、あ?十条?私の部屋の外に不審者がいるからどっか連れてってw・・・・なんか暗いけどどうしたの?w・・・・そうw大丈夫ならいいけどwwんじゃば(ピッ」

スバル「・・・・む」

花道「どうしたの?・・・あw」

スバル「さっきのどさくさに紛れて顔に落書きをされました、不覚です」

花道「ほんとw抜け目がないというかwいたずらづきというかwアホなお父様ねw」













《中央第12エリア(屋上)》

???「♪~(←鼻歌)」

???「よ~!こんなところでサボりかw『四条』!W」

十条「こんなところにいらしたんですね・・・四条!」

四条「あらんw・・・これはこれはお姉さまにご主人様ではありませんこと・・・wいかがされましたの?」

十条「それはこちらのセリフです、・・・まあ寝る前に月が見たいとお館様が申されるので、お連れした次第です」

???「いや~ww(。・ω・。)悪いね~手間とらせちゃってw」

十条「どうぞおかまいなく・・・付き従うのが仕事ですので、それはそうと四条、あなたもソロソロ仕事の方に戻ってください」

四条「あらあら・・・お姉さまにそう言われては仕方ありませんわね・・・w」

???「なんにせよサボリはいかんな~wいかんな~!w」

四条「ではお先に~♪~♪~・・・」

十条「・・・まったく、皆不真面目で申し訳ありません、上位個体である私が不甲斐ないばかりに・・・」

???「いや、このままでいいのさw君はよくやってくれてるよ・・・少なくとも私よりかはね・・・w」

十条「滅相もございません!!私はただ・・・貴方の力になろうと努力してるだけで・・・」

???「その気持ちだけで十分だよ十条wもっとも君だけじゃないさ・・・ほかの条達も皆ね・・w」

十条「・・・・お館様・・・」

???「私はここで月を見るのが好きでね・・・特にそう・・・今夜のような月がね・・・wよく『花月』がいた頃はここで月見ながら話したものさ~(´ー`)」(ゴロン

十条「どのようなお話を?」

???「お!興味ある?w」

十条「ああw!!いえそんな!?失礼しました!つい口が出てしまい・・・」

???「ん~っとそうだなー?あ~wwそういえばあいつwものすっごい!!子供嫌いでなw・・・よく会合とかで他家の子供やらその友人やら目が合うだけで痛めつけてたからなw」

十条「会合で我が『闇園』が毛嫌いされる要因がそれですか・・・?」

???「あ・・・嫌われてる要因はそれだけじゃないかもなw・・・俺の態度とか~、クローン関係の技術開発とカー、あとは会合にあまり参加しないからじゃないかな~?w」

十条「なんにしても非はこちら側にあるということですか・・・w?」

???「そういうことだw・・・っとまああいつそんな感じで子供嫌いなわけだよ、一応俺もしきたり云々嫌ってたとは言えさ・・・子供ってちょっとホシイナ~とか思ってたわけでね、あるとき聞いてみたら、『ああ?お前?それ私と〇〇〇したい口実か何かか?そうじゃなくでマジで言ってるんだったら勘弁してね~(笑)』っていわれたさw・・・」

十条「そうなんですか・・・wでもOKもらえたんですよね?」

???「それが今でもよくわからんが向こうから頼み込んできてな~・・・なんか知らないけど何かあったんだろうな・・・でなけりゃあの『花月』が頭下げるなんてないからなw最初土下座されたときは『頼むから死んでくれ!!』っていわれた気がして走馬灯がよぎったさw」

十条「それでおふたりが?」

???「まあそんなとこw・・・・まあ生まれてすぐ子供だいたときのあいつの顔が忘れられなくてな・・・、殺人衝動が湧き出るほど嫌いだった子供両手で抱いて、初めて見せた飛びっ切りの笑顔・・・・さいっこー!!だったねWW!!(萌える!!・・・まあその後はお前の知ってのとおりさw」

十条「・・・」

???「まあなんにせよ・・・どっちも母親似になったというわけで・・・・・・・父さんは寂しいな(´・ω・`)wまあその反面wあんまり似すぎてるから花月がいなくなったように感じないわけさw」

十条「花月様がお嬢様方の中で生きているっということなのではないでしょうか?」

???「ははーんwなかなかくさいことを言えるようになったな・・・w?」

十条「いや!そんなつもりは////」

???「まあそんなわけでー、あんまり母親のこと話したように個人的に思ってないけど、こんな感じでいいか?花形w?」

十条「!?」

花形「・・・ちっ!、気づいてたかよ・・・」

???「気づいてないわけ無いだろう?w」

花形「うるさい!!ミジンコ!!もう寝る!!」(スタスタ・・・

???「花形!」

花形「(びくう!!、な・・・なんだよ?」

???「おやすみーヽ(´ー`)ノ」

花形「うるせーよ!!馬鹿!!『父さん』もさっさと寝ろ!!!」(たたたたたた・・・・

???「・・・父さんか・・・・・・・・ぐほあ!!!(ぶふー!!」(バタッ

十条「!?・・・大丈夫ですか!!」

???「花形が少し・・・・デレた・・・・ようだ・・・(*゚▽゚*)シアワセダ~(ぽわぽわ」

十条「・・・単純ですねw」

???「十条姉さんこちらにいましたか・・・少し資料について聞きたいことが・・・・何かありましたか?」

十条「五条ですか、ちょうど良かったお館様お部屋まで一緒に運んでください」

五条「かまいませんが・・・何が?」

十条「いいから運びなさい!」

五条「いや!・・・でも気になるので」

十条「運べ!!」

五条「はいいい(´・_・`)!」
(スタスタスタ・・・・












~闇園と条~ 完
























《闇花荘・201》

???「空間一つ意のままに転移できるとは・・・なかなか面白いとこだなここはw・・・ってかさっきから私の話聞いてんのか?お前?」

(ピコピコ、
闇花「・・・作戦の変更・・・・『核無(コアレス)』のここへの襲撃・・・・狙いが『五月雨』・・・、・・・と、謎の救助者・・・か・・・・・あ~!やられちったw・・・やっぱ考え巡らせてる時に、ゲームやってみたがうまくいかんなw・・・やめよ(ピッ、っで?ここの感想はいいとして、こっちから質問・・・あんたは一体何者なのかしら?『ジャンヌ』だっけ?」

ジャンヌ「秘密だなw」

闇花「教えろよーwぶっ殺すぞw(*゚▽゚*)アンノウンw」

ジャンヌ「おいおいw聞いてた通りのやつだなお前w・・・・あ」

闇花「聞いてたとおり・・・w?つまりあんたはだれかの差金なわけかw」

ジャンヌ「今の無しで頼む」

闇花「無理w聞こちゃったw」

ジャンヌ「っとまあおふざけはこの辺にして、私から少し真剣な話がある」

闇花「なに?」

ジャンヌ「ここに泊めてくれヽ(・∀・)ノw」

闇花「いいよーw」

ジャンヌ「な!?そんなあっさりでいいのか?w」

闇花「得体がしれないってのはあるけども、うちの子助けてもらったからねあんたには、そのお礼は返さないと・・・それに助けに入ってきたタイミングも早かったみたいだしw『どうせ見守るなら』そばにいたほうがいいんじゃない?w『ジャンヌ・ダルク(偽名さん)』w」

ジャンヌ「なるほどね~・・・なんとなく気になってたわけか」

闇花「それに『核無(コアレス)』の奴らとなにか因縁があるようだしねw」

ジャンヌ「・・・・ははw、ひとつだけ私から約束しよう、私はお前たちの不幸になるような結果は望んでいない、それだけは言っておこう」

闇花「了解wんじゃー(ゴソゴソ、はいこれw部屋の鍵!」

ジャンヌ「ほんとうにいいのかw?」

闇花「あんたが面白ければなんでもいいさ・・・w」

ジャンヌ「ははw!そいつはありがたいね~wじゃま!これから何卒宜しくな!・・・え~っと?なんて呼べばいいんだ?お前のこと?」

闇花「好きにするといいわw(*゚▽゚*)」


























《闇花荘近辺》

???「あれが闇花荘ですか・・・・w」

???「・・・内容は伝えた・・・いいな?」

???「了解しましたw・・・僕にお任せ下さい」

???「・・・そうか、しかしあのの女ジャンヌとか言ったな・・・」

???「ええそのようです」

???「とにかくあの女も含めて『3人』・・・だ」

???「かしこまりました、では行ってまいります☆(キラっ」

???「・・・・・・」

???「たまには笑ってください・・・wってあらwもう行っちゃいましたか・・・w・・・さってと、行きましょうか」(トコトコ・・・













闇花荘の日常 ~来訪者と新居住者(予定)~         完

































はいどうも(。・ω・。)タイトルが暴走中のブログ主です


最近、実生活(主にお仕事)のほうが忙しくなったので、INする時間が極端に落ちた感じがしますw

それはそうとw先日大家さんこと『闇花』様が、チームマスターである『桃子』様主催のファッションショーに出たようですねw


pso20130420_222958_041.jpg
↑踊る方々

トップバッターで何やら『粋なセリフ』を吐いてきたようですw

闇花「ハルデスヨー」

ロビーに来た方の中にもちらほらフレンドさんがいたりして、わいわいと楽しかったですねb
他の参加者たちも皆さん個性的で、PSO2のキャラクリの高さを改めて実感しました

pso20130420_234814_065.jpg

ファッションショー終了後は、DFがやってきて主催者関係者方々と一緒に追い返しましたね☆

pso20130421_004723_084.jpg


その後は色々とフレンド交換とかもしたりと、交友の輪が広がったように感じましたw
主催者方々、イベントに関わった方皆様お疲れ様でしたー(^-^)
















それとー



また、リンク追加ですー

チームメンバーの『ジル』さん、『たけし?』さんのブログ

誤字??脱字!?喜んでっ!!*PSO2日記*PSO2友人帳







おふた方のブログとリンクさせていただいたので、簡単に紹介ですーw
今後ともよろしくです☆
































それといつも載せてる『どうでもいい写真館』まとめを作ってみたのでw興味のある方は当ブログカテゴリ欄から『写真館』より入場を!!色々と久々に見て面白かったですねw

キャラクターの持ってるネタなどわかるかもですw




































どうでもいい写真館


新TA行ってみたよ  闇花「・・・・沈まないわw」
pso20130424_174347_000.jpg

探偵事務所のバーに大家さんが立つのは希です(笑)
pso20130408_004313_008_20130424212635.jpg

にゃんにゃん♪
pso20130416_000847_007.jpg

ク「あ!!貴様!!この前貸したDVD返せ!貴様ー!」
pso20130405_012911_088.jpg

くんくん・・・・
pso20130401_221439_046.jpg

すべてを投げ出す構え  闇花「もういいやーw」
pso20130401_215505_031.jpg

戦慄のエコーさん  エ「私の顔になんかついてるわけ?・・・ねえ?」  
pso20130331_174055_049.jpg

戦慄のいエコーさん2  エ「あ?何よ?・・・」
pso20130331_173555_046.jpg

なんとなく目が綺麗なげっテム様  闇花「あなたに爽やかさを感じるわw」
pso20130331_150241_009.jpg


以下パティちゃん特集w



パ「このブログを!!侵略しようかとー!!思いましてですねー!!」 ティ「パティちゃん・・・読者見えてる視点だそうです・・・すいません変な子で」
pso20130405_013546_098.jpg

パ「突然ですがー!!側転しマース!!!」 ティ「もう色々おかしいからやめて・・!!」
pso20130405_004210_016.jpg

闇花「じゃあ!!私も側転しマース!!!」 ティア「えっ!それ続けるの?」
pso20130405_004241_023_20130424212451.jpg

始末屋像・・・

pso20130405_013209_094.jpg

パ「く~・・・ww始末屋とかかっこいいじゃんさ~あ~ww?」  ティ「(・・)・・・・」
pso20130405_013543_096.jpg

ティア「パティちゃんもうすでに逃げてるし(゚o゚;;!?」
pso20130405_015618_121.jpg

闇「パティちゃん何してるわけ?」 ティ「宇宙CQCの会得訓練だって・・・」
pso20130422_215246_007.jpg

這い寄る!パティちゃん
pso20130422_215221_002.jpg
































そ・れ・とw


































めんど・・・
めんどくさ

お前らの歴史で!!
貴様らの歴史で・・・

♪~
♪



↑予告トレス絵三名様描きあがったのでUPw
誰かは言いませんがもう大体分かるかと思う・・・・w

元チームの女侍様、東方キャラ(なりきり)、最近『休息?何それ?おいしーの?』な人

っという感じです☆
あとついでに、ラフでも載せて今回は簡単に更新させていただきますねw


女侍 赤


役職は先生


TAすきー














それと・・・・w















































残念!!



↑キャラ絵描くので大家さんのトレス絵も作ってみましたw

主「私の知ってる大家さんがこんな可愛い顔するわけがない!!」

闇花「おっとwちょっとこっちで語り合おうぜwヽ(・∀・)ノブログ主w」


















それと~





































チームマスター桃子さんが誕生日だったということをブログ更新しようかって時に知りましてw(申し訳ないw)、急遽桃子さんでやりたいトレス絵があったので急いで書きましたよ(笑)

闇「どんだけやりたかったのよあんたw(*゚▽゚*)」
























img1_20130429000946.png

とある桃子の生態感知


チョットだけ本人に似てないかな?・・・っとも思いましたがもういいやw満足しましたw

ともかくお誕生日オメデトです☆






ちなみに「闇花」さんと「桃子」さんのトレス絵ですが、知ってる人もいると思いますが






元ネタ:とある科学の超〇磁砲・俺の妹が〇んなに可愛いわけがない!

の2期放送記念!っという感じです。ほんとwこのブログ自己満足してるだけw








また、キャラ絵の方約束してる方はいつでもご連絡くださいwSS取りに伺いますのでw

今回のフレンド絵の方は次回以降の更新で載せれるよう頑張りますwよろろ


今後もお楽しみにw
ちなみに元絵がなんの作品なのかは、キャラ絵更新時にでも紹介しますw





今回はこのへんで

また次回!!それでは(。・ω・。)ノシ
スポンサーサイト

[edit]

« \(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ!\(・ω・\)内容!(/・ω・)/ピンチ! \(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ! \(・ω・\)ブログ主!(/・ω・)/ピンチ! \(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ! \(・ω・\)内容!(/・ω・)/ピンチ!  |  出版社と制作会社が同じなので、問題ないシリーズです。ってうのを見るとなんというか・・・・・・心底和む(`・ω・´)b »

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret

トラックバック:

トラックバック URL
→http://yozoranihikaruhosi.blog.fc2.com/tb.php/56-7ba2f87b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。