05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

いや~・・・いいなおい・・・これいいぜ!ほんといいぜ!風送っていいぜ! 

どうも・・・まず最初に少し謝罪・・・
前回予告でフレさんキャラ4人書くといっていましたが・・・
私個人の自分勝手な都合によりまだ描けていません・・・・てへw
ある方と企画した4コマも描けてない・・・
そもそも花粉症がひどくて画面とも向き合えないそんな主デス(現在)
なので今回は二人出来てる方の紹介です・・・
(やはり四人はきついことがわかました・・・wなので今回から二人ずつ・・・よろろ)







20120314220501.jpg

『盗むんじゃない!!死ぬまで借りるだけだ!!・・・ZE☆』
                                               by魔女


闇・魔「ZE☆」







































《闇花荘・共同室(ロビー)》


K「・・・そういえば、貴方方と出会ってからもう一年以上経つんですね・・・(バリボリ・・・」

五「そういえば・・・そうなるね☆早いものだね~w・・・(ズズゥ~・・・」

K「五月雨さんは、里帰りとかされないんですか・・・?」

五「ん?私?・・・帰ってもいいと思ったけど、向こうが帰らなくても良いって言うもんだからさw僕の親って結構多忙でねw帰ったりしても殆どいないんだw」

K「お仕事は何をされてるんですか・・・?ご両親は・・・」

五「さあ~・・・僕も全て知ってるわけじゃないけど・・・世界中飛び回ってるって言ってたかな?」

K「相当お忙しいんですね・・・」

五「ところでそういう君はどうなわけさ(バリッ!、実家に帰ったりとかしないのかい?」

K「・・・特に実家とか故郷と呼べるような場所はありませんし・・・剣を学んだ道場も今は残っていませんし・・・点々と渡り歩いてきた身なもので・・・」

五「wwそんな君がここで落ち着いてる理由は闇ちゃんのおかげなのかなw?」

K「何故・・・?そう思うのですか?」

五「君もそうだけど、闇ちゃんも君との出会いについては全然語ろうとしないからさw、実質聞く話だと・・・ハク君よりも先にいたことになるんでしょ・・・?」

K「・・・まあそうなりますね・・・」

五「・・・まあ、人様の過去を追求するってのは僕の理に反するからね・・・深くは詮索はしないしw・・・ただ少し気になっただけだよw」

K「・・・話せる時が来たら話しますよ・・・」

五「・・・wならそういうことでその時を楽しみに待つよw」

K「どうも・・・(・・・そういえばまだ続いてたな・・・約束・・・)」

五「ところでさ、僕らこうしてせんべいかじってお茶飲んでくつろいでるけど・・・・、みんないつ帰ってくるか聞いてる?今ぼくと君しかここにいないからさw何か聞いてない?」

K「そういえばそうですね・・・え~っと確か伝言板にみなさん書いていたと思います・・・・・・あっ、ありました・・・」

五「なんて書いてるの?」

K「えと、魔理沙さんは・・・」


魔『そろそろ神社の賽銭が一杯になってそうだし顔も見たくなったし、こんな季節だから帰るZE☆春一番には帰るZE!』

K「とのことです・・・・」

五「・・・・お賽銭?」

K「続いて・・・は・・・・闇花さんたちですね・・・」

五「達って?」

K「ハクタクさん、SUBARUさんを連れて・・・オフ会だそうです・・・こちらも春先には帰ってくるので御留守番よろしくだそうです・・・」

五「いいなぁ・・・いいなぁ!僕もどっか旅行に行きたかったな~!」

K「フランシュさん誘ってどこかに行ってみてはいかがですか?」

五「そう思ったんだけど・・・この時期は勉強に追われてるみたいだから・・・声かけづらくてさ~」

K「・・・皆さん忙しいですね・・・」

五「あ!そうだ!・・・wならさKou君と二人きりで街へデートとかどうだいww?まあデートってのは冗談だけどw外に遊びに行こう!」

K「ふむ・・・まあ皆さん帰ってくるまでず~っと室内にいるのもあれですし・・・いいかもしれませんねw・・・」

五「よし!じゃっw早速行こうじゃないかw!遊ぶぞ~♫」

K「わかりました・・・戸締まりはしませんとね・・・w」(スタスタ

五「OKさw」(タッタッタッタ・・・





































《???・会議の間》


???「・・・集まり悪くないか・・・?」

???「さあ~てね・・・・(*´∀`)それは僕の知ったことじゃ無いさ~♪」

???「・・・・・・・・・・・・皆、・・・・・・遅・・・・」

???「そもそも招集かけたボスいないとかマジ半端ねえ・・・何するかわからないね~・・・」

???「・・・・・・・・・・・・?・・・誰か・・・来た・・・・・・」

???「・・・誰だ?」

(バ~ン!

???「オイッス~(・∀・)皆おひたしぶり~♪」

???「お☆ナツメか~久しぶり~w・・・ん?」

???「クソ共が!おいこら!こんだけしかあつまってね~のかよ!!ど~なってやがんだ・・・ああ!?」

???「ユリスも一緒か・・・悪いなこれだけしか集まってないんだ・・・」

???「やあ☆ナツメ・・・久しぶり(キラッ♪」

ナツメ「!!(・∀・)あ~!ダ~リ~ン!会いたかったゆ~♥」

(ドカッ!!

ユリス「!?ぐわ!」

???「僕も会いたかったよ・・・・ナ・ツ・メ・・・☆」

ナツメ「ヽ(*´∀`)ノ♥」

???「・・・・・・・・・・・・・・・・バカップル・・・・・・・再会」

ユリス「ナツメーーーーーーー!テメぶっ殺すぞ!」

???「やあwユリス・・・君も・・・僕に会いに来てくれたのかい?wすまない・・・ついナツメにばかり目が行ってしまってて・・・君を見失っていたよ・・・ゴメンよ・・・w」

ユリス「だ・れ・が!テメーに会いたいって・・・?」(バキボキ!

???「やだな~w怒らないでよw僕はすべての女性の味方だよ♪」

ユリス「なら私の為に死ねよ!トバリ・・・!」

???「相変わらずだな~・・・おまいら・・・?・・・・・誰か・・・・・・・・来るね・・・w?」

(スタスタ・・・・

???「・・・えらく騒がしいものだな・・・貴様ら・・・大聖堂まで響いていたぞ・・何をしてる?」

トバリ「おやwハオウマルちゃんじゃないか☆・・・今日もかわいいねw」

ハオウマル「馬鹿にかける言葉は無い・・・ユーリ、私の席はどこだ?」

ユーリ「・・・ん?ああ・・・右の端だ、辻姫の隣だ」

ハオウマル「そうか・・・辻姫・・・久しいな」

辻姫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・久しぶり・・・・・・・・・・・(コクッ」

ユーリ「後何人だ?カルテット?」

カルテット「ん~?ちょっとまってよね~♪今『トバリ・ユーリ・ユリス・辻姫・ハオウマル・ナツメ』俺だなwやべ~よw全然来てね~よ当初の時刻30分越してだぜwパネェな!遅刻・・・パネェな!!」

ハオウマル「仕方ないだろう・・・次元が違えば時間の流れも変わってくるのだから・・・むしろこの時間に集まれるだけましと考えるべきだ・・・」

辻姫「・・・・・・・・でも・・・・・・・・・・・口元に・・・・チョコ・・・・w」

ハオウマル「////・・・・こっこれは!?たっただの汚れだ///!」

ユーリ「ハオウマル・・・・正論述べたつもりだろが・・・・時間のズレに関してはすでにトガによって統一されているのだから、その言い分は失策だったな・・・・・・・おいしかったか・・・チョコは・・・?」

ハオウマル「・・・・////・・・うむ・・・」

ユーリ 「ならいい・・・w」

トバリ「顔の赤くなったハオウちゃんもかわいいね♪・・・なんなら僕が食べt(バキッ!!!」

ナツメ「ダ~リ~ン!!」

ハオウマル「そいつ誰か外に捨てて来い///!!!」

トバリ「(ボコボコ・・・、う・・・ゴホ・・・!・・・あ~あ~A~♪・・・いや~いきなり顔面に斧が突き刺さるとわ思わなかったよw僕じゃなかったら確実に死んでたねw」

ユリス「殺しても死なないとか・・・こいつマジ災厄な生き物だな!キモチわりぃ・・・」

(♪ピンピロピロロン・・・♪ピロピロポン・・・

ユーリ「ん?誰だ?」

カルテット「あw俺だ・・・ウサギだwメールかよwしかも『もう着く』だけとかパネェな!愛を感じねえな!しかかももう目の前に居るしパネェなw!」

ウサギ「メール届いた?」

カルテット「・・・ああ・・・(・_・;(やっぱりこいつはずれてるな・・・思考が・・・)」

ウサギ「その顔はなんですか?」

カルテット「なんでもないさ~・・・きにするな~」

ウサギ「トガ様は・・・?」

ユーリ「・・・言い出しっぺがまだ来てない・・・」

ウサギ「じゃ・・・帰ります」(スタスタ・・・

(ガッ!

ユーリ「・・・座って待て・・・」

ウサギ「・・・ハイ(・_・;」

辻姫「・・・・・・・・・・・・・また・・・・・・・・・来てる・・・・・複数到着?」

(スタスタ・・・・

???「あら~w皆早いのね~wお待たせ~♪」

トバリ「おやw君は・・・久しいね~花道♪」

???「名前で呼ぶな・・・w殺すよw♪」

ユーリ「・・・久しいな闇園・・・いや、今は闇花だったか?ともかく・・・元気だったか・・・」

闇花「まあね~w楽しくやってるわよ~wそういうあんたはどうなのw」

ユーリ「さあな・・・wよくわからんさ・・・w・・・・連れも一緒か?」

闇花「まあほかの子は私の持ち部屋に待たせてるw・・・ハオウにウサギちゃんも久しぶりねw抱き締めてあげようかw?それとも抱っこがいい?ww」

ハオウマル「結構です・・・」

ウサギ「SUBARUはどうしたのですか?」

闇花「今ちょっと調整中よw」

ユリス「誰かと思えばてめえかよ・・・!」

闇花「あらwユリス久しぶりw随分退屈そうにしてるのねw」

ユリス「てめえ喧嘩売ってんのか?」

闇花「wwいくらなら買うのかしら交渉の余地は設けるわよwwww」

ユリス「よし!取り敢えずただで買ってやるから私の相手しろよ!ごるぁ!!?」

闇花「・・・w私も久しぶりに暴れたいしwただで売ってあげるw」

(バシッ×2!

闇・ユ「や~んw♪・痛っ!?」

???「そこまでですよ・・・、全く・・・集まりが悪いのはいつものことだけど、ここは一様神聖な場・・・ワイワイ騒いでいい場所ではありません・・・ねえ?トガs・・・」

トガ「いいぜ!これいいぜ!・・・すげ~いいぜ!・・・いや~ほんといいな・・・この谷間は絶品だなぁおい・・・、どうやったらこんなふうに育つんだ?いや~☆俺様、神様だけど人間の神秘って・・・すんばらしーーー!wwww」(キャッキャウハハwwww

(ズドーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!!!(←かめ〇め波的なもの)

トガ「アメリア・・・・ここは神聖な場所だ・・・騒ぐな(・_・;・・・(プスプス・・・」

アメリア「そろそろ始めましょう・・・トガ様?」

トガ「あ~あ~もっと可愛いことイチャイチャしたかったな~♪」

メンバー全「・・・・・(何時来た・・・?)」

トガ「そんじゃまあ・・・始めますか~・・・メンドくせ~けど・・・」

ユーリ「まだ来てない奴もいるがどうするんだ?」

トガ「(・∀・)ソンナン知るかw・・・はじめるぞ~w」

闇花「・・・ヤレヤレw」





















































ポツリのコーナー


はいどうも・・・花粉症の主です・・・
まずは武器報告・・・


アークサーペント(土)
20120306011318.jpg



ED(闇)
20120306012415.jpg




どちらも狙ってたMYキャラ固有装備だったので非常に嬉しかったですw

あと残っているのは・・・

パニ(闇・無・土いずれか・・・若干あきらめムードw)
アストラル(炎・・・IMあるひとくださいw)
ハトディ(しいていえば土・・・)
クレイジーギャラクティス(闇)
レンサ(取り敢えず一本)

この武器取りたくて部屋立てるが入ってくれる人は相変わらずいない・・・
仕方なくソロで回すも時間かかるうえに・・・サブ収穫もなし・・・花粉に負ける・・・凹む・・・絵を描く・・・飽きる・・・寝る・・・最近そんな感じww

そんなこんなで現在pixivにイラスト投稿しているという浮気・・・
詳しくはイラストコーナーで・・・

そんななかついに・・・






闇花さん160LV超えましたw(頑張った~
20120228211844.jpg
闇「さあ・・・お前の罪を数えろw!」


という訳でキャラ配布したいと思います・・・
その前に本人に了解を貰いに行きます・・・・



主「闇花様・・・」



闇「ん?何~暇人w」
20120227001909.jpg



主「・・・・あのですね~・・・キャラ配布の方させていただいても・・・・よろしいでしょうか?」



闇「キャラ配布・・・?ああ・・・あれねフレンドのキャラを従えてパーティー主がいい気分になれるあれねw」
20120227001751.jpg



主「そういうものではないとは思いますが・・・どうでしょう・・・?ダメですか?」



闇「別に~w・・・ただね~・・・これちょっと関係ないんだけど・・・」
20120227001834.jpg




主「?なんでしょう?」



闇「なんでうちのメンバーにはこれくらいのちびっこキャラがいないのかって思ってね・・・w」
20120227001841.jpg



主「そういえばそうですね・・・」



闇「正直オボロはこの世界にはいらないから消して可愛い子迎え入れてあげてw」
20120227001822.jpg



主「(・_・;それは流石に・・・でも確かに少しお出かけが多いですね・・・」



闇「それに本人にもきいといたけど、別に構いませんよっだってw」
20120227001829.jpg



主「まあ考えます・・・確かにちびっこキャラは欲しいですしねw・・・えとでわ配布してもよろしいですか?」



闇「任せるw」
20120227001832.jpg











ということで・・・許可もらいましたので配布します☆





















闇「私配布とかw!自重するべきねw!」
20120304221902.jpg


闇花

LV160 デューマン女 ブレイバー

スキル・・・・

・HPリストレイト・混乱プロテクト・燃焼プロテクト・攻撃力ブースト・凍結プロテクト
・感電プロテクト・防御力ブースト・ワイルドブラスト・セイバーアドバンス


装備・・・

・エルノア()&聖剣エルシディオン()《グラビティストライク》
・コクイントウホウズキ解放()《グランドクラッシャー》
・エターナルディメンション()《ブレードデストラクション》
・ミラージュクルセイド()&装備なし《リキセイシキ》
・アークサーペント()《レスタ・レジェネ・シフタ・デバンド》

・カムイセンバ(光)《インフィニット・(パワー×2・ヒット×1)スタンレジスト》





☆一言メモ☆
『スタティリアいじめにどうぞ・・・状態異常は受け付けないかと・・・ヨロシクデス』
『オートワードも少しいじってます・・・w聞いてみてのおたのしみ』





配布日・・・

3月24日(土曜) 23:00~24:00まで


部屋名「漆黒の監視者」 部屋パス(YAMI)


















という感じで配布させていただきます・・・今回で二人目ですねw
何か質問あればコメントやロビー(紫24)に基本いますのでお掛けください・・・






・そういえばPSO2がヴィータで出るそうですね・・・来年か・・・だが買うぞ・・・w
・東方絵描いてると楽しすぎて時間忘れるww
・次は魔理沙160目指します!・・・ダレか手伝ってくれる人募集・・・
・花粉・・・辛い・・・クシっ!
・最近ロビーで座ってますが反応が悪すぎっと思うかもしれませんが・・・多分寝てるか、音量ゼロにしてて気づかず絵に没頭してるのが主な原因・・・声かけた人すまぬ・・・LANの調子も少し悪くてね・・・w
・レミリア・・・う~☆
・こっそり追記してますw気づいてるかなw?


























どうでもいい写真館

闇「途中ワープゾーンあったわよw?」
20120302212106.jpg


変な顔w
20120228211448.jpg


ロビー絵
20120229214017.jpg
20120229213903.jpg
20120229214849.jpg
20120229214722.jpg
20120229214603.jpg
20120229214450.jpg
20120229214332.jpg
20120229214149.jpg
20120229215007.jpg
20120229204546.jpg


魔理沙&闇花異変解決編・・・
20120304214143.jpg


闇「どこのメイドかしらw?」
20120227014416.jpg


S「モンスターが・・・5体・・・」闇「全部倒すわよw!」ハ「(;゚Д゚)!なんだと・・・」
20120305214452.jpg


お留守番組
20120227181614.jpg


とある日のロビー
20120302231224.jpg


魔・闇「ゾクゾクするZE☆」
20120317004721.jpg





































toaru.png

















キャラ紹介

敵側幹部 

キラ 男  剣 

☆幹部の一人にして自称メンバー内No.1を名乗る男、正確は自己中心的で誰に対しても大きな態度を取る・・・しかしその反面、罠やトラップなどの裏工作に長けており主人公一行をなんども罠にかけるがいつも一歩のところで逃げられてしまう・・・主な要因としては『なおみ』の存在があると思われ、何かしら天に愛されるドジを引き起こしパーティーを救う。彼曰く『小さなエラーを大きなエラーに変えることが出来るのか!?貴様ーー!』と彼女に言葉を放つ程である。その為四章以降会うたびに彼女を名指しして挑発をしたりするなどなおみを完全に敵視するようになる。
 ストーリーでは、二章、四章、六章、十章と戦う・・・ある意味腐れ縁的なキャラであるが、十章《劫火と嵐に堕ちる夜》にてミウとともに一行の前に立ちはだかる、戦闘後既に用事を済ませてある彼は不要な戦闘で作戦に支障をきたしてはならないと断言、ミウに撤退の令をかけるが、その直後戦闘の快楽に完全にはまったミウによってなんの予告もなしに一刀のもとに切り捨てられ、同時に崩れてきた建物の下敷きになり姿を消す・・・。
 しかし実は存命しており・・・十二章にてサブイベント《記憶を辿る帽子の人》でリバティーと名乗る人物が現れる、じつはこの彼こそがキラ本人であるが、顔の半分と自分についての過去の記憶を失っているため性格は一変しており現時点にて気付くものはない。
 二週目以降であればEXサブイベント《止めるは過去・救うは仲間》に欠かせない人物となる。このサブイベントをクリアすることで記憶を取り戻す、が、そのことは誰にも語らずリバティーとして生きていくことを仲間に語る。
 




ミウ 女  太刀&斧(その他)

☆性格は物静かだが冷徹すぎると言っても過言ではない程冷めた感情を持つ、邪魔するものは斬るという行動原理そのものである。ストーリー上一章にて一番最初に戦う相手が彼女である、その戦闘に勝利した際主人公に興味を持つようになるその後、三章、六章、八章、十章、十一章と敵キャラクター最多の戦闘となる。戦う旅に感情が高ぶっていっており十章に於いては仲間であるキラを斬り捨てるなどの行動を起こし幹部の地位から失踪するものの個人的な戦闘浴により再度現れる、尚六賞においてエリンによって左手を奪われており八章で現れた際には暗器を数多に内蔵した義手をはめて挑んでくる。戦闘に関しては「武器を振り回す」というようなかなり荒い戦い方をする。基本液な武器は太刀と斧を交互に使っての攻撃になるが、先頭フィールドそのものを利用したりと戦い方は本当に荒い・・・八章以降は義手による暗器も使用するため攻撃パターンの多さが最大の驚異となる。
 十一章《再生の兆しと望み》にて何故か武器の太刀が新調されており攻撃パターンが剣による攻撃だけとなる。戦闘後突如刀から溢れ出た闇に飲み込まれて消失する・・・、ストーリー上に置ける戦闘は計五回となるが実は、EXサブイベント《止めるは過去・救うは仲間》にて再度戦うことになる、最後まで本当にしつこく戦いを求める人物





Kou 男 刀(抜刀・居合・)

☆無情という二つ名を持つ謎の剣士(侍)で何をするにしても、さらりとした顔で任務をこなす。基本的に幹部ではあるがその実力からかかなり上層部からは特別視されており、自由気ままにふらふらとしているが、幹部まとめ役のRiriの命令にはそれなりに従いどのような仕事であろうと断らない上確実に完了させる。庭の手入れから要人暗殺・モンスター討伐とその仕事の幅は計り知れない。またシルファという女性とは同じ門弟子らしく何かと因縁があるらしい・・・。ストーリーにおいて四章にてキラと共に現れた際狭い路地でキラとともに主人公となおみを挟み撃ちにするもなおみの「ちょっと通して欲しいですん!」の一言であっさり通してしまい、「・・・?今のは通しちゃまずかったか・・・?」とキラに質問するなどオトボケな正確も持ち合わせる。
 戦闘においては抜刀・居合の2パターンで攻撃してくる、居合時は攻撃範囲が狭まるもののこちら側の攻撃のほとんどが見切られてしまうため容易に攻撃を当てられない、また抜刀状態では技が広範囲向けになる反面技のあとのすきが大きく生じる。四章、十章での戦いが有り十章はRiri・オボロを覗いた残り幹部の連戦の最後に現れる。特定の条件を満たしておくと仲間にすることができる、ちなみに彼もEXサブイベントに僅かではあるが関わる人物






























          今回はこんな感じw








































イラストコーナー







さてと・・・じゃ行きますか
トップでも言いましたが今回から二人づつの更新です・・・ヨロシク




































Riri




はいwRiriさんです・・・
何故か林檎が食べたくなりましたw
背景は思いついた上適当に書いたものです・・・う~んどうだろう?
私の中で何故か黒幕として定着してしまったせいかすこし・・・
意地悪そうに見えるのは気のせいかな?かな?






Riri 背景無し
Riri 線画
Riri 背景




某ストーリーのRiriさんイメージ背景・・・う~んボスっぽいねw
Riri 某ストーリー敵キャラ








































次は~










































ルナ




ハイ!ルナさんですねw
ネロさんから巨乳でお願いしますなんて言われたから意識して書いてみたがどうかな?
背景のテーマは「ルナさんとデート」みたいな感じ、泡のようなもの付いてるのはストリートペイント・・・
みたいな?少しおどおど顔にしてるのは主の趣味です・・・ゲフン!・・・・このスケベが!








ルナ 背景無
ルナ 線画




少し遊んでみた・・・
ふざけた広告







































ここからはしゅが現在PIXIVに乗せている絵・・・興味ない方は戻った戻った!














































現在pixivにて第九回博麗神社例大祭に関するイベントがあり主も
微力ながら支援絵描きました

二枚ほど・・・では






























鈴仙・イナバ・優曇華院
う~どんげう~どんげ





藤原妹紅
もっこもこにしてやんよ

















以上うの二枚pixivの方に載せてあります・・・
興味のある方はぜひ探してみてください
これからこちらの方の絵も書いていくのでヨロシクです

ちなみに次は地霊殿のキャラ二名程描く予定です(キリッ





???
闇花(真名???)
この絵に関してはまだ本公開はしませんw










marisa  katto

MYキャラ紹介絵 魔理沙



















書きたいものがありすぎて困る・・・・
4コマもいい加減描かないと・・・・・・・
という訳で今回はこのへんで


次回こそは「レインs・テイラー月s」書き上げます!おたのしみに~










ばいばーい(・∀・)ノシ

















































そういえば忘れてたので貼り~♪


「マリアログ」様へ
Riri Mari





「デビルな感じのネロぐ」様へ
ネログ


実に簡単な水玉背景・・・!













ちなみにだけど・・・・

こんな広告あRiri

↑このRiriさんと・・・


Riri 背景無し



このRiriさんの眼帯・・・

よく見てみると『Riri』と描かれているのですが・・・

気づきましたでしょうかw?







ちなみにどうやら主はこの方にはまったかもしれません・・・w
\(^o^)/



















































《???・会議の間》(上の談直後)

闇花「ヤレヤレ・・・・・・ん?」

???「始まったようだね♪待ちくたびれたんだよ・・・トガ『君』w」

ユーリ「・・・ずっとそこに居たのか・・・」

???「存在を不確かにさせる能力でなら、『私の能力』に勝る方はいらっしゃらない・・・かと思うんだけどねw」

トガ「よっ!久しいなw相変わらずいい胸だ!後で触らせろw」

???「はははwいくらでも触るといいよw」

トガ「いいね~いいね~♪そのあとは二人でゆっくりお風呂でも・・・(バシッ!」

アメリア「いい加減にしてください・・・!それにミレディアン!貴方もですよ・・・全く・・・」

ミレディアン「いや済まないねwそんなにヤキモチ焼かれるとは思わなかったよwはっはっはっはw」

アメリア「・・・はあ~・・・もぉ~・・・・・・・・」

カルテット「お!それはいいけど何人か到着したみたいだぜwどうでもいいが絶対『遅れてゴッメ~ン』とか絶対言わないだろうな!マジ半端ねぇw!」

(ドタドタ・・・!

闇花「やけに騒がしい足音ねw二つほど消してこようかしらw」

ユリス「そいつぁ!いいなw遅れてきたご褒美に一つ散ってもらうか!あぁw!?」

ユーリ「そこの二人・・・黙って座ってろ・・・(ビュッ!!」

(カカッ!!

ユリス&闇花「や~んw・テメーーーーーーーーーー!ユーリこら!かかってこいや!ごるぁ!」

ミレディアン「・・・w相変わらず君たちはいつも元気ですよね(・∀・)♪・・・来たかな?」

???「遅れてゴッメ~ン!ほんとにごめんね!もう初めちゃってる?」

カルテット「うううううおおおおおおおおおお!言ったし!今言った!言ってくれたし!というかリンスさんじゃないっすか!?マジパネぇ!半端ねー!俺の天使!おうぅ・・・・もう死んでもいい♪」

???「なら私が貴様を殺してやろうか・・・!」

カルテット「げっ(;゚Д゚)!」

???「相変わらずリンス様が来る頃には騒がしいですね・・・カルテット様・・・・」

ハオウマル「リンス・・・にヘイトにエスネルか・・・ところでその・・・・///ねっ・・・猫は~・・・なっ!///
何なのだw!ヘイト!」

ヘイト「ふん・・・これが何か?・・・だと?笑わせるな・・・!どう見たって猫であろうが!・・・・・・・・・気になるのか・・・・w小娘・・・♪」

ハオウマル「なっ///別に気になったとかそういう訳では・・・・(チラッ」

猫「(・∀・)な~♪☆」

ハオウマル「・・・・・・・・抱かせてくれ・・///」

ヘイト「別に構わんがなw・・・ここに来る際誤って連れてきてしまっただけの奴だ・・・どうにでもしろ・・・ユーリ!・・・私の席はどこだ?」

ユーリ「闇花の隣だ・・・それと俺からももう一つそのスーパーのレジ袋は何だ・・・?ヘイト・・・」

ヘイト「ごちゃごちゃとうるさい奴らだな・・・じゃがいもに人参に肉だ・・・!今夜はカレーだな・・・ふんw」

ユーリ「・・・帰れ」

トガ「リンスーーーー!・・・なんということだ!?お前にもう少し胸があれば・・・!完全に俺の理想のボディラインg・・・!!?」

(ズドーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!

アメリア「いい加減始めましょう・・・」

ハオウマル「にゃ~♪にゃ~♪にゃ~♫」
辻姫「ZZZZZzzzzzz・・・・・・・・・・・みたらし食べたい・・・・・・・・・・zzzzzz」
闇花&ユリス「何w?これw放置のパターンwワロス!・おいこらテメーら!(ガミガミ」
トバリ「あ~・・・・!なんてことだろうこんなにも僕に会いに来てくれる子が居るなんて!僕はしあわせだな~w」
ヘイト「リンス・・・エスネル!カレーのルーを買い忘れているぞ!」
エスネル「左様で?ならばすぐにでも戻り買出しに行きます・・・」

リンス「会議始ま~・・・・る・・・・?・・・・・よw」

カルテット「これでもまだ来てない奴とか居るし!パーーーーーーーーネ!パネぇ!!」
トガ「(シュ~~~・・・、いまのは・・・き・・・・いたぜwだがその時に揺れたお前の胸の弾み具合に免じて許そう・・・( ^∀^)ノ(ムニッ♥」(ズキューーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!グシャアー!

アメリア「・・・・・はぁ~・・・・・・・・(ーー;)」
ユーリ「・・・泣くな・・・・いつものことだ・・・・(・・;)」
ミレディアン「wwいつもこれってのも問題なんだけどね・・・(・∀・)w」





























   続く・・・・














































クイズにもならんか・・・

次回の絵はパネぇ(;゚Д゚)!量がパネェ!!!




スポンサーサイト

[edit]

« 1927年のシュナイダーカップでこいつを付けたイタリア艇はカーチスに負けたんだ、だがこいつのせいじゃない・・・wメカニックがヘボだったからだw!  |  見たまえ!素晴らしい『傷』だとは思わんかねww? »

この記事に対するコメント:

アークサーペント&エターナルディメンション
おめでとうございます♪

サポキャラ配布するんですね♪
前回は都合上受け取りに行けなかったので
次こそは行きたいところ…!

>>こっそり追記してますw気づいてるかなw?
バッチリチェックしていますよっ!(笑)

遂にRiriの素敵絵まで!!
すごく可愛いです(>▽<)
素敵絵に仕上げて頂いてありがとうございます(^^*)

さっそく次の記事で紹介させて頂きますね♪

Maria #- | URL | 2012/03/19 22:00 * edit *

きょ……!!////

べ、別に大きくないですよぉ!!でもまた大きくなったかなぁ…

ほ、他のイラストも凄かったですぅ…つ、次も楽しみにまってます…

エターナルディメンションおめでとうございます…ツバキちゃんが一緒にいたときかな…

ツバキ「えへへ~あのときは誘ってくれてありがとね♪」

え、えっと…またインフラで…

ルナ「NERO」 #- | URL | 2012/03/20 09:03 * edit *

アークサーペント、EDおめでとです!!
両方イケメン武器ですわ~

絵の方は自分のペースで描けばいいと思いますよ。
じっくり時間をかけてハイクオリティの物をッ!

T #- | URL | 2012/03/24 14:28 * edit *

こないだは闇花っちのサポキャラありがとうね(´`*) …にしてもメイドつえええw是非今度ストーリーの詳細を聞きたいものだ(^3^) RPGツクールで作りたくなるにゃあ…

エラーを操る程度の能力 #- | URL | 2012/03/30 00:10 * edit *

うまいっすね~

ヨロシクビ~ムこと、つっきーです( ´ ▽ ` )ノ
絵描き有難うございます!これ壁紙にしますわーww
また時間が空いてたら、遊びに行きまふ!

降臨つっきー #- | URL | 2012/04/10 16:48 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック:

トラックバック URL
→http://yozoranihikaruhosi.blog.fc2.com/tb.php/32-da754aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。